関節痛・変形性関節症

関節痛・変形性関節症について


変形性関節症は、関節の軟骨が変形して、膝の痛みなどが生ずる病気です。変形性関節症は、骨折や脱臼などが原因で軟骨が変形し、関節・膝の痛みなどを引き起こすこともありますが、老化によって軟骨が薄くなり、関節が変形して、膝の痛みなどをもたらす変形性関節症もあります。また関節を支える筋力が衰えることによって関節が変形し痛みをもたらすケースもあります。

変形性関節症の症状は、歩き始めに関節が痛みだすことが多く、しばらく歩いていると痛みが治まってくることが多いのが特徴です。また階段では、下りにおいて特に痛むことが多いようです。医療機関では、レントゲンなどを使って診断します。

変形性関節症の治療は、関節を支える筋力をつけることに重点が置かれます。医療機関では主に大腿四頭筋の訓練を指導することと、炎症や痛みを抑える薬が処方されます。

高齢者の介護

 

 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.