ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャー(介護支援専門員)


ケアマネージャーは、介護保険の適用を受けようとする者の相談を受けたり、要介護度や利用者の健康状態・身体の状態に応じて居宅サービスや施設サービスが利用できるように、市区町村や居宅サービス事業者、介護保険施設などと連絡を取り合いながら、ケアプランと呼ばれる介護サービス計画を作成する専門職です。ケアマネージャーは、介護や医療・社会福祉に関するささまざまな専門家や住民組織からるボランティア、市区町村と連携をとりながら、介護などの援助を必要としている利用者にトータル的な生活支援を行います。

ケアマネージャーになるためには、医師、保険師、看護師、理学療法師、作業療法師、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、言語聴覚士などの資格を取得して、実務経験を5年以上経験し、実務研修受講試験に合格し、実務研修を修了することで取得できます。

 

介護のイラスト

 

 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.